creator

モビールの図案と構成は、国内外のトップクリエイターたちが手がけています。


井上奈奈

モビール:人魚姫/The Little Mermaid

 

画家・絵本作家。京都府舞鶴市生まれ、東京都在住。

16歳のとき、単身アメリカへ留学、美術を学ぶ。武蔵野美術大学卒業。

国内外での個展やアートフェアにて作品発表を続け、近年は絵本作品を発表。2017年には著作の絵本『ウラオモテヤマネコ』『くままでのおさらい』の二作品が舞台化。

2018年、絵本『くままでのおさらい』特装版がドイツライプツィヒにて開催された『世界で最も美しい本コンクール』にて銀賞を受賞。

http://www.nana-works.com/



ウィスット・ポンニミット

モビール:おにごっこ/PLAY TAG

 

1976年、タイ、バンコク生まれ。愛称はタム。98年バンコクでマンガ家としてデビュー。2003年、神戸に留学。2006年まで日本に滞在。『ヒーシーイット アクア』で2009年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門奨励賞を受賞。 マンガ代表作には「マムアン」、「ヒーシーイット」、「ブランコ」。 アニメーション作家としてSAKEROCK、透明雑誌らのPVを手掛ける他、 ミュージシャンとしても活動している。 「Big issue JAPAN」「YEBISU STYLE」でマンガを連載、「婦人公論」にてよしもとばななのエッセイのイラストの連載などを行う。また、オーディオテクニカウェイブサイトにてアニメーションを連載中。バンコク在住。

http://www.wisutponnimit.com



kata kata

モビール:花とハチドリ/Hummingbird

 

松永武と高井知絵によるユニット。型染め、注染、プリントによるオリジナルの染布を制作しています。モチーフとなるのは日々の生活の中で感じる全ての事柄です。動物、昆虫、植物、風景…それら全てに物語を想像し、布を染めることは私たちにとって大きな楽しみです。布を広げた時に、ものがたりを想像できるような、会話が生まれるデザインを心がけています。私たち kata kata は温かい空気を生みだす、そんな布づくりをしていきたいと思います。

https://kata-kata04.com/

 

 



かわぞえうどう

モビール:金太郎/KINTAROU

 

造形作家、イラストレーター。高知県出身、在住。造形作品を中心に、定期的に作品を発表。「生活空間に色どりを添え、日常の中で楽しめる非日常」をテーマに、造形物がただの置物になってしまわず生活の一部となるよう心がけながら制作している。また、主に作家物を取り扱う「川村雑貨店」(高知県須崎市)を夫婦で営んでいる。

 

かわぞえうどう:https://www.instagram.com/kawazoe_udou/

川村雑貨店:https://www.facebook.com/kawamurazakkaten/



高畠 純

モビール:モビールいぬ/Dogs

 

絵本作家。絵本『だれのじてんしゃ』(フレーベル館)でボローニア国際児童図書館グラフィック賞、絵本『オー•スッパ』(講談社)で日本絵本賞、絵本『ふたりのナマケモノ』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞など受賞。絵本や童話の絵などの出版物は250冊を越える。またイラストとして、ワコールの商品、日本ガイシのCM、パナソニックの介護アイキャッチャー、ANAの時刻表表紙などにも携わった。



tupera tupera

モビール:鳥モビール/Birds

 

亀山達矢と中川敦子によるユニット。2002年より活動を開始する。絵本やイラストレーションをはじめ、工作、ワークショップ、舞台美術、アニメーション、雑貨など、様々な分野で幅広く活動している。NHK Eテレの工作番組「ノージーのひらめき工房」のアートディレクションも担当している。

 

http://www.tupera-tupera.com



WAKITAO(ワキタヨシコ)

モビール:海の仲間たち/HAPPY BUBBLES

 

武蔵野美術大学油絵学科卒業。福岡市生まれ、名古屋市在住。“型染め”という手法を用い、生活のお供にしたくなるような、楽しいイラストを製作。手染めのカードなどオリジナルグッズの制作や、展覧会での発表など、愛知県を中心に活動。ノスタルジーを感じさせる和やかな雰囲気のイラストは、どこか現代的でもあり、型染めという手法がそのタッチを一層引き立てている。

http://wakitao.com



今井淳二郎

モビール:虹のふもとで/under the rainbow、月と天馬/around the moonなど

 

南山大学卒業。大量生産大量消費型の経済サイクルに疑問を感じ、2008年よりManu Mobiles(マニュモビールズ)を始動。2013年に開業。北欧から輸入されてきたモビールというインテリアを、日本人の視点から再解釈し、新しいタイプのモビールを考案。自身でイラストまで手がけたモデルをはじめ、マニュモビールズの全てのモビールの監修を務める。

https://www.manumobiles.com/