about

ベッドで目覚めた視線の先に。

ソファの上から、ふと顔を上げた瞬間。

 

カラフルな動物や乗り物などのモチーフ、

絵本の中から飛び出したような物語のワンシーンが

かすかな空気の流れによって動き出します。

 

紙などの軽い素材を糸や針金で吊るし、

バランスを保つように作られた室内装飾・モビール。

 

1930年代に“動く彫刻”として誕生し、

その後、北欧の家庭で広まったモビールに、

日本人の視点から新しい解釈を加えて作り上げたのが

日本生まれのモビール《マニュモビールズ》です。


 

《マニュモビールズ》の材料は、紙と糸だけ。

 

何枚もの紙を手作業で貼り合わせて作るモチーフは、

印刷では表現できない、温もりのある風合いです。

さらに、紙と紙の間に糸を挟んで連結点を隠すことで

モチーフが宙に浮かんでいるように見えるのです。


従来のモビールとは材料も作り方も異なる、

世界でただ一つの《マニュモビールズ》。

 

でも、決して特別なものではありません。

普段はインテリアとして空間に溶け込み、

何気なく目をやると、ゆったり静かに回っている。

そんな、さりげなくも温かいモビールの存在が

誰の心にも小さな幸せをもたらしてくれるでしょう。 


目が見えるようになったばかりの赤ちゃん、

感受性豊かな子どもたち、安らぎを求める大人の人へ。

 

みんなの暮らしに《マニュモビールズ》を届けます。